ホームへ 葛木御歳神社公式ホームページ

logo


御歳神社の今と昔

御歳神社 祖霊社 令和元年造営

由緒書のページにあります通り、御歳神社は大変歴史があり、神威も高く、由緒正しい神社であります。
付近には、古事記の舞台となった地名が、数多く見られ、葛城氏、鴨氏の本拠地であったとされる所です。渡来系の人たちも多く住み、製鉄の炉跡が見られ、、銅や鉄の産地もあり、紀ノ川を通じて海路も開け、交通の要衝として、また、先進技術を持つ集団が住む場所として飛鳥以前の時代の重要な地であったと考えられます。

御歳神社は神を祀る場所としては、おそらく弥生時代頃からあり、葛城氏の繁栄の下、本社を奉斎していた鴨氏は、神々を祀る氏として権威を持っていたものと思われます。仁寿二年(857年)には大和国で本社が唯一最高位を授かり、その後も延喜式神名帳に、「名神大、月次、新嘗」と記され、農業神として、祈年祭などで篤く尊宗されていました。

貞観八年(866年)の「三代実録」には、本社が、朝廷の任命した神祇官を拒否しているとあります。これは、おそらく、朝廷の意向を曲げる程権威のある、別の奉斎集団が独自にお祀りしていたのではないかと推察されます。また、同書に、貞観12年(870年)7月22日河内国の堤防工事に際し、河内国の水源が大和国にあるので、洪水の難を避けるためにと広瀬神、龍田神とともに奉幣されていることが記されています。


現在の本殿は、江戸期に春日大社の本殿第一殿を移築したものであります。春日大社の本殿(国宝)は、江戸期までは20年に一度新しく造られていました。それを奈良市内からここまで移築するには大変な労力が注がれたと思います。大正期の神社調査書には、春日大社の本殿移築の前は、神明造のお社であったと書かれています。平安期以降、この辺りは長らく興福寺・春日大社の荘園であったようです。そういった経緯で、高鴨神社・一言主神社と同じく、御歳神社も春日大社の傘下にあったことが記録に記されています。
しばらく宮司が空位の時代が続いたと思われます。御縁を頂き御歳神社へ奉職することになりました。当地は、過疎化が進み、氏子も高齢化が進み、社殿の修復もままならないままでありましたが、この十年で、多くの皆さまの御支援を頂き、瑞垣、摂社の建て替え、神饌所や拝殿、本殿の修復と、平成の大修理というべき事業を行ってまいりました。
神様のお計らいを強く感じながら、様々な方との出会いで成し遂げられたことを深く感謝しています。

葛木御歳神社には太平洋戦争の戦没者を祭る英霊殿がありましたが、戦後、お祭りもなされないまま、七十余年が経ち、どうするべきか思案していましたが、令和元年、クラウドファンディングによって祖霊社として蘇りました。元々のご英霊も祖霊神ですから、これからは、祖霊の神として、春分秋分のお祭りを行うことになりました。

これから
ようやく、普通の神社になった!というのが、今の感想です。葛木御歳神社は、古代よりとても大切にされてきたきた名社です。おそらく2千年の歴史を持つと言えましょう。「2千年続く神社を千年先まで先まで残すために」これをいつも念頭において、今後もより良き神社になるように努めていきたいと思っています。引き続き皆さまの崇敬とお心を寄せて頂ければ幸甚です。

令和二年春、東川優子宮司記す  

.
御歳神社境内より、葛城山を望む
御歳神社境内より、葛城山を望む

.
.
奈良県御所市東持田二六九番地
葛木御歳神社
.

.
御歳神社地図をご覧下さい
.

Home 

Copyright (c) 2004-2020  Mitoshijinja, All Rights Reserved